2017年10月18日

現状の相場を読み解く


フェイトコラボの影響で鏡品の売りが増えました。

それにより鏡品の価格の低下を招いていると考えられるわけですが、これはいつまで続くのか?

考えていきましょう。

装備の価格推移というのは対人の歴史と言っても過言ではありません。

物が安くなるという事は何らかの理由がありますが、既存の最終装備が安くなるという事は現状と同等もしくはそれ以上の良装備の出現です。

フェイト装備は勿論既存の装備に比べれば、致命打抵抗がなかったりと劣る部分もあります。

しかしながら今までの装備部位でできなかった事ができ、更なる火力や耐久の上昇などが出来ると考えれば十分にメリットがあります。

既存の防具を目的別に鋭敏化したのがフェイトコラボと言えるでしょう。

このように考えた上で鏡品の価格の変動がいつまで続くのかと述べるとすれば、ユーザー次第と言えます。

私としての考えではありますが、ここ最近で例えるならばTHP王冠ULTからTHPDX王冠ULTへの移行時と同じくらいもしくはそれよりも短い間の相場変動なのではないかと考えてはおります。

ただフェイト装備は期間限定で王冠ULTは鏡が使用できるということを踏まえて考慮しなければならないでしょう。

それにTHP王冠ULTからTHPDX王冠ULTは性能で言えば完全な上位互換です。

今回の装備は完全な上位互換ではなく役割毎に変わってくるというのも加味する必要がありますので、読み解くのは容易ではありません。

どちらかといえばトレンドは読むものではなく作るものでありますからあまり意味のないことかもしれませんが、全く考えていないよりは何らかの考えを持って対処した方が物事に柔軟に対応することができるはずです。


posted by もやし at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。